フローリア

by MANIERISME

/
  • Streaming + Download

     

1.
2.
04:08
3.
4.
5.
6.
01:48

about

5th demo

credits

released January 19, 2013

Jekyll Everything

tags

license

all rights reserved

about

MANIERISME Tokyo, Japan

Jekyll - Everything

2003
Cursed Palace - No One in the Room(1stdemo)
2004
Cursed Palace - Memory of Roses Faded Away(2nddemo)
2006
Manierisme(compilation)
2007
人形の記憶(3rddemo)
2008
追憶(4thdemo)
2010
過去と悲哀(1stfull)
2012
Everyone Has Two Sides(2ndfull)
2013
フローリア(5thdemo)
... more

contact / help

Contact MANIERISME

Streaming and
Download help

Track Name: いつまでも変わらない想い
絡めた指には 冷えきったぬくもりが
絡めた指には 冷えきった亡骸が

いつまでも そばにいて この全てを捧ぐから
いつまでも 忘れない 昔の貴女の面影
これからも ここへ来て
棺の中の 貴女にだけ
変わらない 思い出が
二人の間に 消えてしまうから

- 夢にまで想う その悲哀に満ちた黒い瞳を
願い叶うなら もう一度 貴女の手をとり 踊り明かしたい -

いつまでも そばにいて この想いを伝えたくて
いつまでも 忘れない 昔の貴女の夢を

いつまでも そばにいて この全てを捧ぐから
いつまでも 忘れない 昔の貴女の夢を魅てる
Track Name: 夜想曲
もしもこの両目が見えなくなれば
こんなにも楽しいことはないでしょう
もしも両耳が聴こえなくなれば
こんなにも嬉しいことはないでしょう

もしも言葉がない世界なら
こんなにも苦しい思いをしないのに
もしも私の灯火が消えたら
もう二度と覚めない闇で眠らせて

偽りばかりのこの世は暗く悲しい
絶望感が心を染めていく

時計の針だけが 虚しく進んでいく
心は止まったままなのに
ずっと見ていた後姿届かない

目を閉じていつも 心の中に生きて
昔の二人のように
そっと抱き寄せたあなたは幻

心を閉ざして 暗い部屋の隅で
孤独に震え怯えながら
ずっと昔の優しさを抱き絞めて
Track Name: 僕は解離性同一性障害
私の中の表か裏か 解らなくなる本当の僕が
あなたの私 私のあなた
僕のpsychoは あなたのsighで
この表いは この裏みで
この裏みは あなたの為に
僕の正義 あなたの為に
二人で一つ 表裏一体

僕のpsychoで 私が笑う
泣いているような 笑顔なんだね
心に刻む 絆は固く
二人で一つ 表裏一体

常識というkichigaiに 蔑まされた私が
行き場のない怒りを 優しい僕にぶつけるんです

僕のpsycho 君のsigh
君のpsycho 僕のpsycho

憎しみが私を支配する

私の憎しみが 僕という損在でした
Track Name: ノスタルジア~過ぎ去った日々~
寒い夜は過ぎ去った日々を思う
遠い日のセピア色の断片
記憶の中で はにかんで笑うあなたは
色褪せない心の煌めき

雪解けに戻らない日々を思う
遠い日のセピア色した憧れ
記憶の中で泣いているあなたに贈る
花飾りがとても似合っていた

あなたが笑うと嬉しくて
その小さな手をとり無邪気にはしゃいでいる
あなたに、、あなたに逢えたこと
いつまでも変わらない輝き

寒い冬に二人で来たあの広場
今はもうないセピア色の思い出
記憶の中で い亡くなったあなたが
色褪せない甘美な微笑み

あなたが笑うと嬉しくて
あの時の約束を耳元に囁いて
あなたに、、あなたに逢えたこと
思い出の中で生きていて

あなたに、、あなたに伝えたい
この言葉は伝えられなくて
Track Name: 私のフローリア
卑しい僕が 穢れのない高潔な貴女へ

どれほどの時間が流れたか 「古くなった」貴女と 光の無い美しい瞳で見つめ合っている

深い愛情を受け入れてくれた 私のフローリア

裏腹な言葉を並べ 荒む心は壊れて
歪んだ愛情だけが 私のフローリア
蝋燭の影いつからか 貴女への投影
暗がりに沈む夢は 叶わない記憶の罪

だけれども 変わらない貴女の悲しい瞳の奥には
冷たい記憶が今も 揺らぐことない
感情の起伏さえ戻らぬ心の主へ
呪われた愛情は 貴女に捧ぐフローリア

苦しげな言葉を並べ 辛い現実の狭間で
壊れた愛情だけが 私のフローリア
残酷に狂う夢は 暗い現実の幻

だけれども 変わらない貴女の悲しい瞳の奥には
冷たい記憶が今も 揺らぐことない
感情の起伏さえ戻らぬ貴女の心へ
血塗られた愛情は 貴女に捧ぐフローリア

現実から孤立した僕は 涙は枯れ果て 重い足音と共に沈んでいく

だが もう寂しくはない
僕が「 」した貴女がいつまでも
微笑みかけてくれるから